咳がでるときは・・・・
子供の頃、風邪をひくと少し嬉しかったのを覚えています。
学校は休めるし、お母さんはいろいろしてくれるし・・・・


私は子供の頃から風邪をひいてもほとんど病院に行くことも、
薬を飲む事もありませんでした。


私の兄は幼い時身体が弱くて、病院に行っても新たな病気をもらったりと、
悪循環が続いていました。
そんな時、母は友人から自然療法の話を聞いて、試してみたそうです。
それは枇杷の葉を胸のところに貼ると、咳が止まるというものでした。
最初は半信半疑でやってみたところ、実際によく効くのでそれからは
自然療法の本は我が家にかかせないものとなりました。(笑)


今回はガラスの瓶に大根を薄い輪切りにして八分目くらいまでいれ、
その上から大根がかぶるくらいまで蜂蜜をいれ、一時間くらい放置して、
大根の汁と蜂蜜が溶け合い上に出てきたものを、
そのままなめたり、水で薄めて飲んだりしてました。
(本には水で薄めて飲むとは書いてないんですけど・・・)

おいしいですよ。


昔の人たちは色々な事を試したんでしょうね。
知恵がいっぱいです。
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-29 18:16 | 日々のこと
風邪
風邪をひいてしまいました・・・・・。

風邪をひくといつもインドに居た時の事を思い出します。
というのも、私はインドに長期滞在した時は、2ヶ月に1度は風邪をひいていました。
最初はつらかったけど、最後の方は「あぁ~またか~~」くらいで
慣れっこになってました。(笑)

なぜかなと考えてみると、朝・昼・夜の気温の差、乾いた空気、
大気汚染、食事、生活リズムの違いなどなど・・・
でもこれといった原因は分かりません。

一度すごく体調を崩して、ヨガの先生にアドバイスをもらおうと思って、
自分の症状を説明すると、
Arunji : 「薬は飲んだ?」
Yo : 「いいえ、日本ではいつも薬を飲まずに治すので・・・・」
A : 「それで治る?」
Y : 「はい・・・・」
A : 「じゃ、Go back to Japan」
Y : 「・・・・・・・・」

「いやいや、もっと他に言うこと無いんですかぁ~~(泣)」って
その時は思いました。(笑)
でも結局は私のために特別メニューを作ってくれたんですけどね。
優しい先生です。


私はヨガ以外にもインドに居たい理由もあったので、
先生のナイスアドバイスには従わなかったのですが、
インドに永住は無理だなぁ~って思いました。


アヌサラヨガの先生からこういうことを聞きました。
風邪をひいてきついというのは、
風邪をひいたという状況がきついのであって、
私たちの本質は影響をうけない。と・・・・・


ということで、体はぐったりしてますが、私は元気です。(笑)
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-26 21:32 | 日々のこと
イタチ
f0207707_2225046.jpg


近所でイタチを発見しました。
すごくすばしっこくてすぐ見失いました。

気になって家に帰ってからイタチについて調べてみると、
生ゴミを荒されたり、家畜を殺されたりと
結構イタチの被害があるようですね。
都市で見られる大半のイタチは、
戦前に毛皮業者が大陸から持ち込んだチョウセンイタチのようです。


人間がしたことによって、今その被害に困っている。


イタチを責めるのは変な気がします。
イタチはきっとただ生きるのに必死なだけでしょうからね~。
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-24 22:22 | 日々のこと
ケガ
今日はが教えている子供書道の教室の手伝いに行きました。

子供達は新学期を迎え、ここ数週間は新しい先生やクラスの話で賑わっています。

今日は歓迎遠足に行ったそうです。
6年生の子は1年生のお世話を1年間通してしなければいけないらしく、
かわいいけどめんどくさいとか、
2年生の女の子は遠足の時に男の子と手を繋がなければいけなくて、
嫌だった~とか、
新任の先生の言い分はつじつまが合わず、訳がわからないとか、
子供も子供なりに色々とあるようです。(笑)



今日はいつも静かな女の子が、突然足を見せて、
「こけた・・・」と。
運動場を走っていてこけたそうです。

そうするともう一人女の子が来て、
「見て~っ!」と。


2人の膝にはかすり傷がありました。

でも2人ともそのことが自慢っぽくて、嬉しそうでした。


なんでみんなケガをすると、誇らしげになるんでしょうね。(笑)
頑張った自分への勲章みたいなものですかね?


ちょっと嬉しそうな姿がとてもかわいかったです。
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-23 22:00 | 日々のこと
日焼け止め
f0207707_19534910.jpg


昨年の冬から使っているMIMCの日焼け止めです。
すごくいいです。

以前はクリームタイプの日焼け止めを使っていたのですが、
冬は口元などがとても乾燥していました。
でもこのMIMCの日焼け止めを使い出した昨年の冬は、
全然乾燥しませんでした!

成分も全てミネラルで出来ていて、安心して使えます。
(詳しくはホームページをご覧になって下さい)

最近夏用にベージュのSPF50の日焼け止めが出て、
それも購入してみました。
私は日頃ファンデーションを使わないので、
今の時期はSPF20のホワイトとSPF50のベージュを
重ねてつけて肌メイクはそれで終わりです。
楽ちんです。
ホワイトだけでもよいのですが、ちょっと塗りすぎると
バカ殿のようになってしまうので、ベージュと一緒に
使うと丁度良いです。


これから紫外線が強くなってくるので、
日焼け止めを何にしようか迷っている方は
使ってみては????
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-22 20:18 | 美容
Attitude
アヌサラヨガのレッスン後は、結構笑いながら部屋から出てくる人が多いと思います。
レッスン中もヨガのクラス?っていうくらい笑いで溢れてることも・・・・

アヌサラヨガはAlignmentも勿論ですが、Attitudeを最も重要としているそうです。
ここでいうAttitudeは精神的な態度、目標、意志などです。

どんなに美しく、バランスのとれたポーズが出来たとしても、
そこにその人の内側から湧き出てくるような精神的表現がなければ、
自分の内面に大きな変化をもたらすことは出来ない・・・・・
それでは他のただ身体的能力向上のためだけのエクササイズと
何ら変わらなくなってしまう・・・・

アヌサラのレッスンでは毎回テーマがあります。
私がいいなぁと思ったテーマを一つ紹介します。
昨年11月に行われたヤスシ先生のワークショップの一つのテーマが
'Let's say "Yes"to your life'
~人生に対してまず「イエス!」と言ってみよう~ でした。

私たちは日々、理想は〇〇だけど、現実△△で・・・・とか、
こうじゃなかったらいいのに・・・とか言うことがありますよね?
でもそういう考えを持つことにより、苦悩が始まる。
だから、あってもOk、無くてもOkというような気持で
まずは自分の今与えられた状況に"YES"と言ってみましょう!と、
いうものでした。
(その時先生はオクラは嫌いだけど、出されたのでとりあえず食べてみたよ。
やっぱり嫌いだったけど!って言ってありました。笑)

出来るかどうかではなくチャレンジすることに"YES"!
ということで、その時のレッスンはたくさん難しいアーサナにチャレンジしました。
すごい楽しかったです!
実際その時「今まで出来なかったのに、初めて出来た~~!」
なんて人も結構いて、クラスはすごい盛り上がりでした!(笑)


今朝はこのテーマを思い出しながら練習しました。
一瞬一瞬に"Yes!"って言っていたいですね。
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-21 20:15 | ヨガのこと
副音声
私の母方の祖母は93歳です。
数日前から遊び?に来ています。

ここ2・3年で随分耳が遠くなりました。
なので、テレビもイヤホンを使って90くらいの音量で見てます。

夕食後いつものようにNHKをつけて、イヤホンを祖母に渡しました。
しばらくして祖母の横を通ると、イヤホンからこぼれてくる言葉が
どうも変なので近づいて聞いてみると、なんと英語でした。
副音声になってたんです。
さらに驚いたのは、朝からずっと祖母は英語で聞いてたんです!
「言ってよ~~っ!!」というと、
「何か変な感じやったね~」くらいの調子でした。

私と母は「え~~???」って大笑いしたけど、

父は「のんびりしていていいね」って言ってました。

そんなとらえ方があったか~と思いました。


とらえ方が違うと物事ってすごい変わりますね。
おもしろかったです。(笑)
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-20 22:01 | 日々のこと
アヌサラヨガを始めて・・・
アヌサラヨガは私が理想としていたヨガそのものです。
私は5年ほど前からヨガを始め、いくつかのスタイルのヨガを経験し、
それぞれ素晴らしかったのですが、
アヌサラヨガのトレーニングを受けた時に、「これだ!」と思いました。
私の中で今まで学んできた事、疑問に思っていた事などが
バラバラに納まっていたのが、一本の糸のように繋がった感じでした。


まず私がすごくアヌサラに魅かれた一つの理由として、
ポーズにおけるアライメント(身体外部の位置づけ、配置)の素晴らしさです。
アヌサラでは「アライメントにおける普遍的原則」というテクニックを使って
アーサナを行います。
それは怪我をおった人、高齢者の人、体が硬い人・軟らかい人、全ての人にあてはまり、
いつも、どんな状況においても変わらないテクニックで、
それに沿って練習することにより、怪我から遠く、安全にヨガを行うことが出来ます。

私はもともと体が柔軟な方なので、ヨガを始めたばかりの時から
難しいポーズにも挑戦していましたが、あまり知識のない状態で行っていたので、
練習後(特に後屈)に腰が痛くなったり・・・と言うことが多々ありました。(笑)
それがアヌサラのトレーニングで後屈の練習をした時に、
先生の指示通りに体を動かしていくと、ポーズにとても安定感があるのと同時に、
腰のあたりにフワァ~とした拡がりを感じました。
それは私にとってはとても衝撃的な感覚で、今まで自分がどれだけ
柔軟性だけに頼っていたのかに気付きました。
もちろんレッスン後に腰が痛くなることはありませんでした!(笑)


アヌサラの普遍的原則に沿って行うことにより、
アーサナに安定と自由さ(拡がり)が生まれます。


アヌサラヨガを始めてから、ヨガだけでなく
物事に対して、”意識的”になりました。


f0207707_22251724.jpg

エーカ・パーダ・ラジャカポータアサナⅠ
私に衝撃を与えたアーサナです。
”意識的”に字を右上がりにしてみました・・・(苦笑)
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-19 15:21 | ヨガのこと
プロフィール
2001年 高校卒業後、哲学者であり教育者であるJ.Krishnamurutiによって創立された
イギリス校のBrockwood Park Schoolに9か月ほど留学する。
(体育の授業で初めてヨガを体験する)

帰国後、ウイング英会話スクールにてアシスタントとして働く。

2003年 再び、J.K'schoolインド校の一つであるThe Valley School で行われていた
Post school Programに1年間参加する。
この時、朝の運動として担任の先生にAshtanga Yogaを習ったのがきっかけで、ヨガに興味を持つ。
その後先生の勧めで、バンガロール市内にあるPrashant Yogashrayaにて、
アイアンガー認定指導員であるArun氏のもとでヨガを学ぶ。

帰国後、家の事業を手伝いながら、インドと日本の生活を送る。


2008年 スタジオヨギーにて初めてAnusara Yogaを体験し、その素晴らしさに触れ、
自分の求めていたヨガにたどりつく。   

今現在はアヌサラヨガ・インスパイアドインストラクターAyako先生(福岡スタジオヨギー)のもと、
Anusara yogaの学びを深めている。



スタジオヨギーにて   
Basic Training Course 修了
Anusara Immersion TrainingⅠ 修了
Anusara Immersion Training Ⅱ 修了
Restorative yoga Training 修了








 
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-17 16:11 | プロフィール
ブログはじめました
ブログのタイトルにした"Dipti (ディプティー)"とは、
インドのサンスクリット語で〝光”とか、“光輝くもの”という意味です。
自分の名前と近いかなぁ~と思ってつけてみました。


ヨガをはじめてから感じたことや、日々のこと、またインドで過ごした時間のことを
少しづつ書いていこうと思ってます。
[PR]
# by hibiyoga | 2009-04-14 16:03 | ヨガのこと